オリジナルTシャツ作成方法

オリジナルTシャツで重要なこと

オリジナルTシャツをインクジェットプリントで作成するメリットと留意点

インクジェットプリント方法とは

オリジナルTシャツを制作するケースでは、印刷手法を理解しておくといいでしょう。
実際の所印刷するための方法は一つではありません。
ただし、主として利用されるのがインクジェットです。
プラス面とマイナス面があります。
インクジェットプリントと言いますのは、デジタルデータそのものをTシャツ生地に対して刷り上げる方法になります。
圧力、あるいは加熱処理してインクを微粒子とした後、ダイレクトに生地に対して噴きつけることになります。
インクジェットプリントに関しましては、1枚よりフルカラープリントすることができるのが最も大きい特徴です。

インクジェットプリント方法のメリット

メリットとしまして、非常に高い再現性があります。
カラーをダイレクトに噴きつけることから、インクジェットに関しては、色、あるいはデザイン性の再現度がとても秀でています。
込み入ったデザインに加えて、フルカラーの写真であったり特徴のあるイラストもとても高いクオリティーで完成させることができます。
また、何色使用しても金額は同じです。
オーソドックスな印刷では、カラーごとに版を制作します。
要するに、色を使う程、版の総数が多くなってしまって価格が上がるというわけです。
しかしながら、インクジェットプリントにおいては版を制作することが求められません。
その結果、白いTシャツに限らず、黒、あるいはネイビーや、赤といった濃色のTシャツ並びにポロシャツといった生地へのプリントもできます。
濃色のTシャツへ刷り上げる場合は、白インクを下地に用いればきちんとカラーの入ったオリジナルTシャツを作成できます。


留意すべき点としまして、同一のデザイン性の多量生産には相応しくないことが挙げられます。
インクジェットプリントにつきましては、1枚のみのデザイン性、あるいは1枚ずつまったく異なるデザイン性の印刷には相応しいですが、同一のデザイン性を大量産出するケースではおすすめできません。
インクジェットに関しては多種多様なカラーのインクカートリッジが実装されています。
しかしながら、ひとつのインクカートリッジの容量に関してはそれほど大きくないと言えます。
数枚くらいの印刷ならば構いませんが、多量の印刷ともなればカートリッジの交換が多くなり、その結果コストがかかります。

インクジェットプリントに合っているかの確認が重要

オリジナルTシャツをインクジェットプリントの方法を活用することによって作成することが向いているケースとしましては、限定されたオリジナルTシャツを制作したい 場合、カラー並びにデザイン性の再現性にプライオリティを置いている場合などが挙げられます。
ですから、オリジナルTシャツを作成するときに、合っているか確認しましょう。

人気記事ランキング